広告掲載について
トップメーカー

英トライアンフM  昨年、過去最高8万3389台を販売

英トライアンフM  昨年、過去最高8万3389台を販売

2023.02.19

twitter facebook line
英トライアンフM  昨年、過去最高8万3389台を販売

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2022年の昨年、英国トライアンフモーターサイクルズ社が世界全体の市場で販売記録を更新したと発表した。

 

 

英国トライアンフは2020年以降、トライアンフモーターサイクルの売上高が過去最高の31%に増加して、8万3389台を販売した。販売記録をすべて更新したとしている。ディーラーネットワークが全世界で740店以上に拡大し、2021年比で6%伸びたことも大きな要因としている。

 

 

主に新型Speed Triple 1200RRが年間で約7000台近くを販売し、Motorcycle Newsの2022年バイクオブザイヤーにノミネートされた新型Tiger Sport 660を発表しユーザーの支持を集めたとしている。アドベンチャークラスでは最高級のスペックを誇るとしているTiger 1200を発売し、世界中のモーターサイクルメディアから高い評価を得ることができたとしている。

 

 

2022年3月の発売から同年年末までの間に新型Tiger 1200は約6800台を販売し12ヶ月間で達成したこれまでの販売記録を更新。モダンクラシックシリーズは最新のBonnevilleファミリーが世界中で3万人以上のユーザーに選ばれたほか、新型Street Triple 765のR、RS、そしてMoto2エディションを発表し話題を呼んだという。新型Street Triple 765は大きな期待と共に2023年春に発売し期待を寄せている。

 

パートナーシップも、時計ブランドのブライトリングとトライアンフのSpeed Twin 1200で代表的な時計であるTop Timeを組み合わせたプレミアムな限定モデルを発売し、270台のSpeed Twin Breitling Limited Editionは販売開始後すぐに完売したという。

 

さらに、ギターメーカーのギブソンとトライアンフのファクトリーワークショップでデザインした、手作業で施された美しいカスタムタッチの数々を備えた一点モノのカスタムエディションのLes Paul Standard ReissueとBonneville T120を開発。このT120とLes Paulギターは、いずれも2022年Distinguished Gentleman’s Rideで最高額を募金したライダーへの賞品として贈るなどした。

 

 

メインパートナーとして参加したDistinguished Gentleman’s Rideも104カ国、802都市で、9万3456人のライダーが粋な装い(ダッパースタイル)でクラシックモーターサイクルに乗り、前立腺がんの研究と男性のメンタルヘルスを支援するために約600万ドルの資金を集め、2022の募金額は4%多く、2021年の募金額よりも47%増えたとしている。

 

 

さらに昨年はジェームズ・ボンド生誕60周年で、公式モーターサイクルパートナーであるトライアンフでは、記念してSpeed Triple 1200RRの限定モデルを60台制作。発表から即完売したという。ボンド映画最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」で使用されたオリジナルのScrambler 1200 XEのオークションも行われ13万8600ポンドで落札された。

 

 

2019年にMoto2の独占エンジンサプライヤーになったことで一層強化され、以降、様々な記録を打ち立て、Moto2カテゴリーを活性化。765トリプルエンジンの優れた性能と信頼性を証明しました。

 

 

同社のPaul Stroud・CCOは「2022年はサプライチェーン上の課題もあったが、過去最高の台数のモーターサイクルをお客様に届けられた。イタリアとスペインは2021年比でそれぞれ18%増と22%増の成長。フランスはトライアンフにとってヨーロッパ最大の市場であることが確固となり、1万0600台以上を販売、2021年比で5%の成長を遂げた。北米の総販売台数は約1万5000台で前年比2%増、ブラジルは前年比8%増という目覚ましい伸びを記録した」などと実績を挙げた。

 

 

またNick BloorトライアンフCEOは、世界中の正規販売店のパートナーを含むチーム内のすべての人の素晴らしい功績に感謝の意を示すとともに、「記録的な結果は、私たちのミッションである”The Perfect Ride”をお客様に提供するために、全員がベストを尽くしたからこそ達成できた。120周年を迎えた年を締めくくるのに、これ以上ふさわしいものはなかったでしょう」と述べている。

 

twitter facebook line