広告掲載について
トップ販売店

カワサキMJ  将来見据えた“バイク店の在り方”  カワサキ プラザ、昨年より新CI

カワサキMJ  将来見据えた“バイク店の在り方”  カワサキ プラザ、昨年より新CI

2024.05.29

twitter facebook line
カワサキMJ  将来見据えた“バイク店の在り方”  カワサキ プラザ、昨年より新CI

カワサキモータースジャパンが展開するカワサキ プラザネットワークは、店内ディスプレイなどに注力し、昨年からはさらに新たなCIにより一層の深化。本サイトでは同社のカワサキ プラザの店舗や新CIについての考え、将来の販売店の在り方などについての取材を依頼。質問についての書面での回答を以下のように得た。

 

従来から多くのバイク販売店では、車両目的で来店するユーザーには多くの車種を見てもらいたい、都心の販売店では在庫車専用倉庫の確保も困難なことなどから、ショールームが倉庫化するなど、小売としてのディスプレイや演出、来店客の導線などに関心が薄く重要視されてこなかった。

 

そうした中、同社では2017年よりカワサキ プラザの店づくりでは「おもてなし」をテーマに挙げてきた。改めて店づくり、買い場づくりへの考えや方針について、同社ではカワサキ プラザはカワサキブランドの専門店として、カワサキ正規取扱店の中でも国内で取扱うすべてのカワサキモーターサイクルの新車販売とともに、五感で楽しめるショールーム、“おもてなし”“ことつくり”活動を通して、ユーザーの期待を超えるサービスを提供してきたとしている。

 

ゲージ内で購入者を待つ新型モデル

 

カワサキ プラザはこれまで全国にネットワークを拡大し、2024年5月現在、全国で93店のカワサキ プラザを展開。全店が認証工場を取得しており、さらに全店が指定工場の取得を目指すなど、顧客の生涯にわたる安全・安心なモーターサイクルライフを提供するために努力を重ねてきたとする。

 

昨年、同社はカワサキ プラザの展開で、さらに新たにCIの内容を更新した。その理由について同社は、2016年12月にカワサキ プラザ大阪鶴見の開設以来、2017年から本格的に全国展開を行ってきた。2年後には10年目となることを見据え、昨年より新たなコンセプトのショールームへと改装を進めてきた。

 

ホワイトを基調とした店内は、ゆとりをもって製品が展示される

 

ここからは有料記事となります。
ログインしてご覧ください

購買申し込みログイン
twitter facebook line